新型Bluetoothスピーカー「SoundLink Revolve™ Bluetooth speakers」が登場

CREATED BY JUAN CARRILLO (JUAN.CARRILLO@EDELMAN.COM). NOT PUBLISHED YET.

フル360度サウンド、深く重厚な低音、驚異的な音響パワーを実現
 

ボーズは、自社Bluetoothスピーカー史上最高の性能を誇る新型「SoundLink Revolve™ Bluetooth speaker」と「SoundLink Revolve+™ Bluetooth speaker」の2機種を発表します。まったく新しい音響設計によって完全に均一な全方位再生能力を備え、シームレスなアルミボティから深く重厚で、驚くほど高品位なサウンドをあらゆる方向に放射することができます。
 

ボーズのワイヤレススピーカー部門ディレクターであるグレン・ゴメス・カッサーズ(Glenn Gomes-Casseres)は、次のように述べています。「これまでのSoundLinkシリーズは、業界に革新をもたらしましてまいりました。今回の開発にあたり、絶大なご支持をいただいたそのサウンドを“改良”するのではなく、それとは劇的に違うものを一から生み出したかったのです。目指したのは、小さなボディでかつてない最高のサウンドを、一曲聴いただけで実感できることでした」
 

ボーズのエンジニアはそれを実現するために、最初にボディサイズ、音、バッテリー駆動の関係をゼロから見直すことから始めました。まずまったく新しい構造を持つ音響パッケージを開発し、そしてそのパッケージに最適な円筒形のボディ形状と、一体成型によるアルミ製のエンクロージャー(スピーカーユニットを含む構造体を収める筐体)を設計しました。その結果、“前”も“後ろ”も持たない、聴きたい人へ向ける必要のないSoundLink Revolve speakersが生まれました。その基本構造は、2基のパッシブラジエーターを向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」、下向きにセットされた超高効率トランスデューサー(振動板を含むユニット)、そしてそこから出た音を受けて拡散する新開発の音響デフレクター(偏向板)から構成されています。さらに、エンクロージャー内の空気圧をコントロールして歪みを除去する構造体「圧力弁」も劇的な効果を生み出します。これらによって、深く豊かな低音と全方向に均一に広がるサウンドが実現しました。これまでの全方位型スピーカーの課題であったスイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みもありません。部屋の中央でも隅でも、どこに置いても、そこで聴いているすべての人に全く同じサウンドを届けることが可能です。そこから奏でられる音楽はクリアで臨場感にあふれ、その気になればサイズを超えた大音量を楽しむこともできます。
 

また両モデルは屋外での利用も考慮されています。こぼした水滴や雨、プールで使用した際の水しぶきなどにも安心なIPX4準拠の防滴仕様となっており、また擦ったり落としたりぶつけたりしてもキズや凹みがつきにくい堅牢性も備えています。さらに、底面にはネジ穴(1/4-20 UNC)を備え、置き場所の少ない庭や屋外のパーティなどでは三脚に簡単に固定して使うこともできます。
 

SoundLink Revolve speakerは本体サイズH152 x D82 mm、重さはわずか670g、バッテリーの駆動時間は最大12時間です。SoundLink Revolve+ speakerは、H184 x D105 mm、重さは910g、バッテリーの駆動時間は最大16時間と、よりパワフルな音響性能を提供するために一回り大きい仕様となっています。両モデルとも、NFCによるペアリング、設定時も安心の音声ガイダンスを備え、さらに内蔵マイクでスピーカーフォンとして通話したり、Siriを本体から起動して使うこともできます。
 

また、最新の無料アプリ「Bose Connect app」を使えば、SoundLink Revolve speakersを2台同期させて、新しい2つのモードで利用することができます。「ステレオモード」ではステレオ信号をそれぞれ左右のスピーカーに振り分けてペアリングすることが可能で、一方「パーティモード」では2つのスピーカーから同じサウンドを同時に再生することができます。

 

SoundLinkの「こだわり」

Bose SoundLink speakerは、モバイルスピーカーの代名詞として、世界中でご支持をいただいています。初代の「SoundLink Mobile speaker」は、小さなボディからもたらされる革命的とも言える音響パフォーマンスで、それまでのBluetoothスピーカーの既成概念を打ち破りました。そして「SoundLink Mini speaker」や「SoundLink Mini speaker II」はさらにコンパクトになり、手のひらに乗るそのサイズからは想像もつかないレベルのサウンドを実現し、市場で絶大な人気を博します。その後初代機の後継モデルとして発売された「SoundLink speaker III」がシリーズ最高レベルの音響性能でさらに新しい音楽体験をお届けする一方、「SoundLink Color speaker」は丈夫で親しみやすいデザインで人気モデルとなり、本日「Color II」が発表されました。今回、初代から変わらない「一番小さく、一番いい音のワイヤレスピーカーをつくる」というこだわりによって、次世代のSoundLink、「Revolve」と「Revolve+」が誕生したのです。

 

価格、発売予定、カラーバリエーション

SoundLink Revolve speakerとSoundLink Revolve+ speakerは、それぞれ25,000円(税抜/1台)と35,000円(税抜/1台)で本日4月18日(火)より事前予約開始、4月28日(金)に発売予定です。ボーズ製品取扱いディーラー、ボーズ直営店、およびボーズ・オンラインストアにてお求めいただけます。カラーは、トリプルブラックとラックスグレーの2色からお選びいただけます。



<ボーズ・コーポレーションについて>

ボーズ・コーポレーションは1964年、マサチューセッツ工科大学の教授であったアマー G. ボーズ博士によって設立されました。お客様へ真に貢献できる、新たなテクノロジーを生み出す。このたった一つの命題のもと、創立から今日に至るまでたゆまぬ研究開発を続けています。永年の研究開発の成果でもあるボーズの革新的な技術は、さまざまな分野において新たなカテゴリーを創造してきました。近年では、家庭用オーディオ、モバイルオーディオ、専用カーオーディオや公共空間における音響システムなど、ボーズはそのカテゴリーを象徴するブランドとして知られています。その研究成果は音と過ごすライフスタイルそのものに変化をもたらしてきました。

 

■ お客様からのお問い合わせ先:ボーズ・オンラインストア
TEL: 0120-002-009  URL: www.bose.co.jp
 

■ 本リリースに関するお問い合わせ先:ボーズ広報事務局
TEL: 03-6731-4089  Email: bose-pr-jp@fleishman.com
担当: 中原、友永

 

 

# # #

 

ボーズは株式を公開することなく利益を研究開発に再投資します。発明の精神、常に卓越した場所を目指す情熱。ボーズのこうした哲学から生み出される研究成果を通じて、世界中どんな場所でも感動体験を提供し続けていくことを約束します。

関連コンテンツ